Event is FINISHED

第5回 『東南アジアの地政学』マレーシア・シンガポール・ブルネイ~複合社会と英語エリート、資源国の生き残り策

Description
新型コロナ第2波防止のため、今回もオンラインで実施します(会場開催が可能となった場合は追ってここでお知らせします)。
ライブのみ、録画のみ、どちらも視聴、とお好きな方法で受講可能ですので、お気軽にお申込みください。(ただし「ビデオチケット(10回分)」は録画ビデオのみ)

第4回「インドネシア・東ティモール編」のビデオ視聴もまだ間に合います! https://seasia2004.peatix.com/(8/9(日)0時まで視聴可能)

-------------------------------------------------------------------------------

<KeyNoters地域研究セミナー>


『東南アジア』セミナーは、月1回 x 年10回を1サイクルとして、毎年開講している連続講座です。

安全保障研究者である石栗宏貴さんを講師に迎え、東南アジア各国の歴史や地政学的リスクについて、最新の世界ニュースを含めながら毎回楽しく語っていただきます。


■第5回テーマ:マレーシア・シンガポール・ブルネイ~複合社会と英語エリート、資源国の生き残り策
かつては「マラヤ連邦」として一つの国であったマレーシアとシンガポール。
両国がどのような過程を経て二つの国となったのか、そして多民族社会のマレーシアと都市国家シンガポールのそれぞれの成長過程について解説します。

更に昨年 SNS でちょっとした話題になったブルネイ王国について取り上げます。
実態をよく知らないことが多く、資源国として地域の中でどのような生き残り策を持っているのかについて初めて解説を行います。

<予告動画>
https://www.youtube.com/watch?v=Re-8fNQJ3l0&feature=youtu.be

ライブ配信:9月10日(木)19:00~21:00
録画ビデオ視聴期間:9月11日(金)~10月8日(木)00:00

※会場開催が可能となった場合は追ってここでお知らせします

********************************************
▼全10回講義内容と申込注意事項▼
https://bit.ly/2TMyVSU
お申込前に必ずお読みください。
********************************************




※お申込者は「視聴」ページでライブ配信・録画ビデオ視聴の情報をご確認ください。
(9/10まではライブ配信用、9/11以降は録画ビデオ用のリンクに切り替わります)
※ライブ配信は Google Meet を使用。
 スマホ・タブレットでライブに参加する場合はアプリのダウンロードが必要です。
 PCでのライブ参加、および録画ビデオ視聴にアプリは不要です。
※「ビデオチケット」受講者はGoogleアカウントで使用しているメールアドレス(Gmailなど)が必要です。


受講料:
 ・1回チケット:3,500円
 ・5回共通チケット:15,000円
 ・10回共通チケット:30,000円
  ※5回/10回チケットは以前のビデオ視聴にも使用可能
   → お申込時に観たい回をお知らせください。
 ・ビデオチケット(10回分):20,000円 ※過去回含め全10回閲覧可能
 ・再受講チケット:1,000円(以前この回を受講済みの方が対象です)
 ・参加予約:前回までに共通チケット購入済の方はこちらで参加登録してください。

【ご注意!】
コンビニ/ATMのお支払い期限(入金期限)は、お申込後3日以内です。
支払い期限内にお支払いされなかったチケットはキャンセルとなります。
なお、Peatix側の設定のためこのルールは主催者側で変更できません。予めご了承の上ご留意ください。





▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼

<講師プロフィール>

石栗 宏貴(安全保障研究者)
一般社団法人先端技術安全保障研究所 理事・研究員
拓殖大学大学院国際協力学研究科安全保障専攻博士後期課程満期単位取得退学 修士(安全保障)

 
会社員・公務員の勤務を経て拓殖大学大学院へ進学、2018年5月に上記研究所の設立に参加。現在研究員として、防衛・国内治安対策といった安全保障問題、また東南アジア地域の政治・国防問題を専門とする。
最近の関心事はサイバー空間における経済安全保障問題。

著書『新装版 海外で活躍したいなら知っておきたい世界の歴史〜ミャンマー編』


<講師からのコメント>

東南アジアは我々日本人にとって距離的にも心情的にも非常に近い国になりました。特に食文化や服飾文化に至っては東京都内の到るところで出会うことが出来ますし、ビジネス交流も頻繁に行われ、またインバウンドの観光客も増加しました。

一方で、思わぬ感染症の世界的蔓延において、アジア全域の国々の対処と指導者のリーダーシップに注目が集まるようになっています。そしてこれから開催される東京オリンピックにおいては更に日本に大きな注目が集まることになるでしょう。

ところで、わが国でも国際交流が多岐にわたって盛んになる時期を迎えて、私たちは本当に他の国々の事をよく知っているのでしょうか?
特に東南アジアの国々のことをきちんと理解しているでしょうか?

なぜある国は常に紛争が絶えず、またある国は大きなリスクを払ってまでも独立をしようと考えたのでしょうか?
また、東南アジアの国々は同じ方向を向いているのか、そして日本との関係をどのように考えているのでしょうか?

これらの疑問に対する答えは、単なる「歴史」だけで理解できるものではありません。
地理的な環境が及ぼす影響、政治や外交、経済などの基礎を押さえて学ぶことで、今あなたの眼の前にいる東南アジアの人々の中にあるDNAを知り、コミュニケーションしていくことができるのです。

このセミナーでは、東南アジアを地政学的に学ぶことよって東南アジアそしてその先の西方地域を含めた「インド・太平洋地域」や、その地域における日本の「居場所」とこれからの役割を考える時間を皆さんと共有していきたいと思います。





▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼


<本セミナーについて>
・開講期間:2020年4月~2021年2月
・毎月1回、第2木曜日
※8月はお休み


<全10回のテーマ>https://bit.ly/2TMyVSU
第1回 (4/9):東南アジア地政学と紛争・安全保障~西方の象と北方の龍
第2回 (5/14):東南アジアの経済・開発~華人・華僑経済と中国脅威論
第3回 (6/11):タイ王国~親軍と反軍、変化する国王と国民の「距離感」
第4回 (7/9):インドネシア・東ティモール~多様性の中の統一と独立への歴史
第5回 (9/10):マレーシア・シンガポール・ブルネイ~複合社会と英語エリート、資源国の生き残り策
第6回 (10/8):ラオス・カンボジア~混乱と和解と消せない歴史
第7回 (11/12):ベトナム~修羅場から学んだ教訓と「昨日の友は今日の敵」??
第8回 (12/10):ミャンマー~厳しい国際環境下の親日国
第9回 (1/14):フィリピン~「からゆきさん」から「じゃぱゆきさん」、本当の友好国は?
第10回 (2/18):日本と「アジア」関係を考える~「インド・太平洋戦略」の行方




一回完結なので、単発受講もOKです。
お気軽にご参加ください!


※ネットワークビジネス勧誘を目的とした方のご参加は固くお断り申し上げます。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#724319 2020-09-04 06:11:56
More updates
Sep 10 - Oct 8, 2020
[ Thu ] - [ Thu ]
7:00 PM - 12:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
1回チケット SOLD OUT ¥3,500
5回共通チケット SOLD OUT ¥15,000
10回共通チケット SOLD OUT ¥30,000
ビデオチケット(10回分) SOLD OUT ¥20,000
再受講チケット SOLD OUT ¥1,000
参加予約(前回までに共通チケット購入した方) FULL
Organizer
株式会社KeyNoters
631 Followers

[PR] Recommended information